【※大号泣】飼い主に鼻と尻尾を引きちぎられた犬。恐怖と怒りで涙が止まらない・・・

鼻先と耳を削ぎ落とされ、尻尾がちぎられた犬を保護した動物愛護団体。緊急手術をした結果・・・


出典:www.imishin.jp

鼻先と耳を削ぎ落とされた犬・バロン

アメリカ・ミシガン州で保護されたのは鼻先と耳がナイフのようなもので削ぎ落とされ、尻尾がちぎられたロットワイラー犬。


出典:www.youtube.com

明らかに人間の手で虐待されたその姿はあまりにも痛々しいものでした。

シェルターを運営している動物愛護団体・Michigan Humane Societyの職員が駆け付け、この犬を保護しました。


出典:www.youtube.com

呼吸器官に影響が出るほどの重傷だったため、シェルターで緊急手術となります。


出典:www.youtube.com

2時間以上の長時間の手術となりましたが、鼻の傷と尻尾が縫合されました。


出典:www.youtube.com

そしてこの犬はバロンと名付けられます。鼻の傷は見事に縫合されたことで、バロンは回復に向かいます。


出典:www.youtube.com

Michigan Humane Societyの職員の看病もあり、バロンの体重も日に日に増え、体力の回復は目に見えて表れました。


出典:www.youtube.com

このような虐待行為は許せません。Michigan Humane Societyの職員は次のように訴えています。


「このような残酷な行為は決して許されるべきものではありません。このようなことが二度と起こらないよう、私たちは被害に遭った動物たちの代弁者として、またコミュニティーとしての断固とした態度で訴え、立ち向かっていくつもりです」

出典:イミシン

Michigan Humane Societyでは加害者に関する情報をネットで呼びかけるとともに、この活動に関する募金も募りました。それがメディアにも取り上げられ、バロンは多くの人に知られるようになります。

メディアでバロンを知ったの中から、バロンを引き取りたいと申し出てきた人がいました。

申し出たのはローラさんとトッドさんの夫妻。夫妻は直接シェルターを訪れてバロンと対面した時に懐いてきたバロンをすぐに好きになり、引き取ることを決めました。


出典:www.facebook.com


「あの時バロンが見せた態度や、僕らと顔を合わせたときの反応などからわかりました。彼もまた私たちのことを選んでくれたのだと」

出典:イミシン

トッドさんはこう話し、バロンとは運命の出会いだと感じでいるようです。

残念ながら、バロンを虐待した犯人はまだ捕まっていません。バロンのような被害者が再び出ないことを祈ります。

酷いことをするもんですね・・・
ネットの反応

・一体何のために、こんなひどい事するんだ!? クズすぎるわ
・バロンはいい夫婦に引き取られたね
・残酷な人間が多くて嫌になるね
・ここまでする人間はいつか人をやりそう・・・

日本での連続殺人事件の前に猫の死体がありました
犬の虐待も犯罪ですが、より大きな犯罪にならないと良いですね・・・

出典:イミシン, Youtube