母から溺愛されている乳児の弟を許せず走行中の車から突き落として殺害⇒私「これで母の愛を独り占めw」結果・・・

母の愛情を受けて育つ弟が許せず、走行中の車から突き落とした! その結果・・・


出典:http://buzzzn.net/article/53766

弟を殺した黒い過去

ある女性が「墓場まで持っていく黒い過去」としてネット掲示板に投稿したのは「弟を殺したこと」。

公には母の監督不行き届きの事故という扱いになっているそうです。事故の内容は弟が走行中の車のドアを開けて車から落ちたというもの。

実は「落ちた」のではなく「落とした」のだといいます。

事故の責任をかぶった母親は既に自殺してこの世にはいないため、このことを知っているのは投稿者本人だけなのだとか。

弟を妊娠する前、この投稿者は虐待されていたそうです。原因は同居の祖母からイビられていた母のストレスが自分に向いたのだろうと。

誰も見ていないところでつねられたり、泣くと背中を蹴られたり、さらには買い物に行ってぐずると走り出した車から蹴り落とされたり・・・

このような虐待の日常は弟の妊娠、そして離婚・別居したことで転機を迎えます。

祖母のイビリから解放されたことで母の虐待はなくなり、これまでとは180度変わった母親。しかし謝られた記憶はないといいます。

しばらくして弟が生まれ、投稿者は生まれた時から優しい母の愛情を受けて育つ弟を見ることになります。


まだ5歳になったばかりの私には母が変わった理由もわからず、
暴力もうけずにただ愛される弟が許せなかった。
私はずっと怖い母の存在に耐えてやっと優しい母を手に入れたのに
弟は生まれたときから無条件に優しくされることが我慢できなかった。

だから代わりに私がこいつに辛い思いをさせてやろうとおもった。
私が一番されて怖かったこと、
走る車から蹴り落とされることを弟にもやってやろうと思った。

出典:open2ch.net

車から蹴落とされるのは過去に自分がされた行為。子どもに危険性が理解できるわけもなく、それを弟に対しておこなったのは、高速道路の上でした・・・

家族で出かけた時、後部座席に弟と一緒に乗せられていた投稿者は、弟のチャイルドシートをはずし、走行中にドアを開け突き落としたのです!


それからは母の叫び声と急ブレーキが強烈に印象に残っている。
母にものすごい剣幕で詰め寄られ、昔の母を思いだしてしまった。
私は、私だけお母さんに殴られたりしたのに
弟は殴られもせず優しくされてる、ズルい!
というような内容を泣きながら伝えたと思う。

出典:open2ch.net

結局、「チャイルドシートを閉めず、ドアロックもしていない状況で弟が暴れて落ちた」という母親の過失による事故で収拾されたとのこと。

当時の投稿者の感情は・・・


私は弟が死んだと聞いたときもこれで優しい母を独り占めできると嬉しかった。

出典:open2ch.net

5歳の子どもに罪悪感なんてものはないのは当然でしょう。では現在はどう思っているのかというと・・・


正直30年以上たったがこのことに対する罪悪感みたいなものは
一度も抱いたことがない。
自分に子供ができたら罪悪感も湧くかと思ったけど
結婚して息子も生まれても弟に対する感情はなにもない。

出典:open2ch.net

「これだけは旦那にも息子にも絶対言えない」と締めくくったこの投稿。やはり墓場まで持っていってもらうのが良いようです。

結局愛情はもらえなかった!?
ネットの反応

・母親が蹴り落としていたんだから因果応報って気がするな
・根本的なことからすると、お母さんが姑(諸悪の根源)と戦うべきだった
・この人の母親いつ自殺したんだろ
・そりゃそうなるわなあ・・・子どもなら親の愛情が生死にかかわる

行為としては犯罪ですが、「14歳に満たない者の行為はこれを罰しない」ため
刑法上罰せられることも、本人の責任を問われることもありません

出典:open2ch.net, バズーン